« 2009年1月 | トップページ

2010年1月

2010年1月12日 (火)

旅立ち。

連休前に、実家の猫が空に旅立った。
もう20年近く生きた猫で、人間の年に直すと90才以上になるかも知れない。
父の日に家に来たのでチチという直球な名前の女の子で、印象的な目のものすごい美猫だったにもかかわらず、毛繕いやブラッシングが大嫌いで、年を追うごとに毛皮がボロボロになってしまっていた。せっかく綺麗な子なのにあぁもったいない、といつもみんなに言われながらも、すました顔で撫でれ撫でれと頭を押しつけてくるトボケた味わいのかわいい子だった。
そしておとなしい良い子で、私に一番懐いていた。嫁に行く時には連れて行こうと思っていたけど、HiRo家は猫だけは御法度なので断念。なので、実家に行くと必ず声をかけて遊んでいた。

近年は寝ていることが多くなっていたけれど、ご飯も水もしっかりとって階段の上り下りもスムーズだった。しかし、少し前から「ちょっと様子がおかしいの(;_;)」と姉に言われ、心配してはいたけれど、ずっと私が付いているわけにも行かずに、ざわざわと落ち着かない日々を過ごしていた。
結局、夜中に旅立って行ってしまったようで、朝に「もう冷たくなってしまっていた・・」と気落ちした姉からの連絡が入った。姉は仕事に出てしまい、家には子供達だけになってしまうので、私が後の手続きをする事に。実家の方針で、遺骨は家に置かず合同葬祭で、連絡したら業者さんが朝イチに来てくれることになった。

チチは、初めは近所の人が拾ってきた小さな野良っ子兄弟で、その中でこの子をうちが引き取ったんだけど、他の兄弟達は残念ながらその後何年かでみんな空に行ってしまった。
彼女は兄弟達みんなが果たせなかった分を、しっかり生きて天寿を全うしていったんかなぁ、なんてふと思えた。

・・来てくれた業者さんが前に犬のCooを託した方と同じ人で、うちの事を良く覚えていてびっくりした。
「今度新しいお堂が出来たので、この子はそっちに入る事になりますよ。そんなに離れてないので、お参りする時は、前の子の方にも行ってあげてね。」と、場所を説明しながら言ってくれた。分かれてしまっても、よその子達もいるから寂しくないですよね、落ち着いたら会いに行ってきます。と、少し話をしてから見送った。

こんなに生きて、大きなけがも病気もなく静かに行けて、大往生だったと喜ばなければいけないんだけど、やっぱり別れは辛い。晴れやかに送り出すつもりが大号泣だ。しょうがないね、悲しいものは悲しいんだ。
きっと虹の橋にたどり着いたら、先住のみんなと「あ~あ~、ぷぴーはしょうがないなぁ(^△^;)」と呆れ顔で見守るんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

プルプルの病気・4

新年を迎えましたが、プルプルとポン太は相変わらず熱心に布団運びに精を出しています。
去年一年振り返ると、プルプルは原虫も結晶も無くなり、週一だった点滴が10日に一度になりました。薬も一時期HCC(免疫力アップのキノコです。)だけになったのですが、秋に心臓が肥大してしまい、心臓の薬も追加する事に。その後検査で順調に元に戻っているのが分かり、ホッと胸をなで下ろしましたv
しかし、12月の半ばすぎくらいにHiRoが「ねぇ、プルプルもしかして白内障?これどう思う?」と聞いてきました。・・・よく見るとプルプルの目の真ん中にうっっすら緑っぽいような白っぽいような点が。でもなんかあまりはっきりしてない色合いだし、プルプルもいつもと全く変わらず普通にあちこち動き回っているので少し様子を見ようという事になったんですが、目自体は日を追うごとにあれよあれよと白が強くなってきてしまいました。
次の点滴の時、先生に見せようとすると、かごから出る前にもう先生に異変を見つけられました。調べて貰うとやっぱり白内障。左目はもう完全に見えておらず、右目も所々端が欠けて見えているとの事。うわぁぁぁやっぱり~!!(T□T;)/
でも、普通は白内障ってじわじわゆっくりなっていくものなんですよね。見つけてから一週間もしないでアッという間に白くなってしまったんで、どういう事なんだろうとHiRoと二人で軽くパニックしてしまいました。いつも通りの生活で、何も変わったことはしていなかったのに・・・
先生も、ここまでなっている物なら、普通は前の点滴日には気づいてますと。しかし、もう年でもあるし、突発的に進行してしまったとしか考えられないですねと言われました。
・・先生の話を聞いていて、ガックリはしてしまったんですが、ただ、目が見えなくなっているにもかかわらず機敏に動けるのは、野生動物だから人間のように目に頼らず、色々な感覚を使って行動をしているからだそうで、あえて人間にたとえて言えば、もう年で白髪が生えてきたようなものだと言えるでしょう、と言われました。 おぉぉなるほど白髪かぁ!!
なんとなくそれを言われて納得できました。先生、わかりやすい例えをありがとうv おかげでホッと安心できました♪
たしかに、それを除けばいつもと変わらない生活を送れているので、そんなに神経質にならずのんびりかまえる事ができるかな、なんて思えるようになりました。もちろん、安全面では十分気をつけるに超したことはないのですが。・・・とりあえず、危なそうな物は取り除いてみたんですが、回し車をどうしようか考え中です。二匹ともまだ結構使っているんですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

2010年。

明けましておめでとうございます。・・・あぁぁもう前回の記事から丸一年経ってしまいました。
去年は色々あってずっと更新できませんでした。・・・ってか色々あったちゅうか、もう、ぶっちゃけてしまうと、ここ数年来私の母に認知症と糖尿の症状が出て、普段の日は私が面倒見ていました。さすがに介護日記なんて書けるほどの事はしてないんですが、そんなんでもどんどん気分的に追い詰められてしまい、去年はもう他の事はほとんど何も考える気力がない状態に陥ってしまいました。
そんな私を見かねてHiRoが、休日になるとあちこち連れてってくれて気晴らしをさせてくれたですv 仕事で疲れてるだろうに、本当申し訳ない(汗) でも楽しかった~♪ 
私のようなぬるい者でもこれなので、在宅でずっとお世話をされてる方は本当に本当に大変なご苦労されてるんだとつくづく身にしみます。
・・・まぁそんな中でこのままの状態でいても、母も家族も体調の管理に限界が出てきてしまい、本人の希望もあったので、母は介護施設に入りました。その中でも色々ゴタゴタとありましたが、なんとか暮れには一通り落ち着く事ができた感じです。が、母は周りに人がいるのに寂しがり屋さんになるため、近場の施設なので、私は今ほぼ毎日顔を見せに通っているところです。・・・う~ん(^△^;)

そんなこんなでいつも地に足が着いていなくて申し訳ありませんが、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ